駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

キャロット馬名決定

 さてさて、現2歳世代からはラフィアンだけではなく、キャロットでも出資をはじめまして(しかもいきなり2頭!)、先日これら出資馬の名前が発表となりました。ラフィアンではまだ決まらないようなので、キャロットの2頭だけで1本記事を書いてしまおうと思います(笑)

 エースドライバー 牡馬
 (カツラドライバーの09)
 父:フジキセキ 母:カツラドライバー
 美浦・鹿戸雄一厩舎予定

 エフティマイアの全弟、そして新馬戦で大穴あけたオースミドライバーの弟は馬名がエースドライバーに決定。これって馬名決定のタイミングからして、オースミドライバーがドデカい配当もってきた影響を十二分に受けてしまったのでは(笑) 時期が違えば別な名前になっていた気もします。

 グラーネ 牡馬
 (ヴォークリンデの09)
 父:ネオユニヴァース 母:ヴォークリンデ
 栗東・笹田和秀厩舎予定

 リニューアル当初のキャロットで募集されていたヴォークリンデの仔はグラーネで決定。若干牝馬っぽく聞こえるのは、まぁ慣れてくれば問題ない…ですかね(笑)

 というわけで、エースドライバーとグラーネにぜひとも注目していただければと思います。まずは1勝してくれることを願いつつ、無事に走ってくれれば言うことなしですね。

 ちなみにキャロットでは、満口になった馬の中から出資キャンセルがあった馬を再募集する制度があるんですが、こっそり応募したものの、あっさり抽選負け。応募したのはサファーガ(牝馬、父アグネスタキオン×母アドマイヤマカディ、兄アドマイヤコジーン)でした。マイネルプリマス、マイネルラクリマなどなど、これまで抽選で落ちた馬は出資者的においしい馬になっていたりするので、これでサファーガの活躍も間違いなし……かも(苦笑)
愛馬・一口馬主 | comments (0)

09年産はラフィアンとキャロットで

 ウイニングポスト関係でアクセス数が爆発してますが、すみませんリアル競馬の話です(苦笑) 久々のブログ更新になってしまって申し訳ないです。いろいろ書かなきゃ、、、と思っていたネタが積んだままになっていたりするので、これから少しずつ放出していきます。

 さて、まずは出資馬の話。つい先日キャロットで、、、と思ったら、ラフィアンで出資した馬も書いていなかった(苦笑) 6月のBRFツアーで良く見えた馬で、他は抽選落ちなどをしつつも、1頭出資確定したのがこちら。

 05インフォーマルの09 牡馬
 父:ブライアンズタイム 母:インフォーマル
 美浦・上原博之厩舎予定

 ラフィアンで1度ブライアンズタイムの仔を持つというのは憧れでしたし、この馬はスラッとしてますが、血統的にはダートで良さそう。厩舎も文句なしですし、手堅く安定して走ってくれればと思ってます。

 そして、長年ラフィアン信者としてやってきましたが、ついにキャロット入りを決断してしまいました。ラフィアン以外のクラブを経験したくなったのと、社台のカジュアルな血統の馬を持ってみたいなという気になって(笑)

 18カツラドライバーの09 牡馬
 父:フジキセキ 母:カツラドライバー
 美浦・鹿戸雄一厩舎予定

 キャロット記念すべき1頭目はエフティマイアの全弟。仕上がりの早い傾向にあるフジキセキですし、とにかくまずは1勝を期待したいなと。

 58ヴォークリンデの09 牡馬
 父:ネオユニヴァース 母:ヴォークリンデ
 栗東・笹田和秀厩舎予定

 そして一気に2頭(笑) 母のヴォークリンデはキャロットで募集されていた馬で、密かに出資したかった思い出の馬。まさにキャロットでこそという血統に初年度から行ってみました。というか母馬は繁殖馬セールにラインナップされているので、これが最後のチャンスかも。

 というわけで2009年産の現1歳世代は合計3頭に出資が決まりました。キャロットから正式に書類が届いていないですし、勢い余って更に別の馬に出資することも可能性としては0でないですが(苦笑) ひとまず来年のデビュー目指してどの馬もがんばって欲しいものです。
愛馬・一口馬主 | comments (0)

出資馬の名前決定

 一口エンゲル係数が半端ないことになっているN@Sです、こんにちは(-。-)ボソッ ラフィアンで年1頭がいいところなのに、現2歳世代は思い切って2頭出資してしまったので、現在大変なことになっております。1月は維持費、2月は保険料の支払いもあって更に火の車(苦笑)

 そんな中でようやく馬名が決定したようで。全くセンスが無いので毎年馬名応募には参加していないですが、やっぱりその馬がずっと背負っていくものですし、どんな名前になるのかと気になるのは仕方のないところ。今年の2歳馬2頭はなかなか良い名前になったんではないでしょうか。

 マイネルデフィ(Meiner Defi)
 父:アグネスデジタル 母:ピサノサンデー

 デフィはフランス語で「挑戦」とのこと。ここまでは順調に来ているようですし、このままスムーズな形でデビューまで行ってもらえたらなと。栗東の白井厩舎予定ですし、師が手掛けたアグネスデジタルの仔での大いなる「挑戦」に期待してます。白 井 最 強 !

 マイネクォーツ(Meine Quartz)
 父:タニノギムレット 母:タイキクリスタル

 クォーツは英語で「石英」とのこと。BRF鉾田ツアーのときに非常に気の強そうな表情をしていて、「これは気性で走る馬だな」と感じ取って出資した馬。募集開始直後は36口?くらいしか売れてなくて見る目が無いなぁと不安になりましたが、その後の近況が良くて満口に。鉾田で見せたあの前向きな気性が、レースで良い方向にいけば結果はついてくると思うんですけどね。デフィ同様にこちらもかなり期待してます。

 名前の語感というか響きだけでも1勝以上はできそうな感じがしません?(笑) とにかく無事に、そしてなんとか1勝以上してくれないかなぁと早くも期待する今日この頃。ラフィアンの公式サイトで近況を見る度に北海道に行きたくなってしまうのを必死にこらえてるところです(笑)
愛馬・一口馬主 | comments (0)

タイキクリスタルの08に出資

 Twitterばっかりでブログがまたも放置気味になってしまいました。文章の構成だとか面倒な更新を考えずに気軽につぶやけるのと、クライアントと呼ばれるTwitterに投稿するためのソフトやサービスが充実してるのも良いですね。iPhone経由でもWEB経由でもガンガンつぶやいてますので、ブログが更新されないなぁとお嘆きの方はぜひそちらをご覧ください。

 → daba_jp(=N@S)の発言一覧

 さて、たまにはブログ向きのじっくりな話題でも。思いっきり書くタイミングが遅れてしまいましたが、ラフィアン会員限定の特別募集馬に申し込んでしまいました。そして意外と申し込み口数が少なくてすんなり出資確定。応募数が多いと抽選になる恐れがあるので悩ましいところですが、逆に少なすぎても「ハズレを掴んでしまったかも……」と不安になりますよね(笑) 

 81タイキクリスタルの08 牝馬
 父:タニノギムレット 母タイキクリスタル
 美浦・奥平雅士厩舎予定

 クリスタルCを制したタイキバカラの妹で、父はタニノギムレット、母父がミスワキという血統。BRF鉾田のツアーに行くまではあまり評価していなかった馬ですが、鉾田に着いてすぐに馬を見て一目惚れ。前向きな気性が顔に出ていて、いかにもダッシュ力がありそうなタイプ。馬体も付くべきところにキチンと筋肉が付いている印象で、短距離戦で期待したくなる馬ですね。1400mのレースに出てきたら馬券がっつり買ってください(笑)

 現1歳世代は既に母ピサノサンデーの牡馬に出資していて、どちらもかなりの値段なので来年夏までは支払いに相当苦労しそうですが(苦笑) それでもこの2頭なら勝ち上がりどころかもう少し上まで行くんじゃないかと期待してます。ラフィアンでもう何年もやっていて未だ勝利が無いだけに、この2頭にかかる期待も相当なものです。まぁ、抽選負けしたマイネルプリマスとかマイネルクラリティあたりはなかなか活躍していますし、コレだと思った馬にちゃんと出資できてちゃんと無事にいってくれれば、結果は自然と付いてくるのではと思っているのですが。

 特別募集馬ではもう1頭、プリンシパルマーゴ(父ダンスインザダーク)も気になっていたんですが、この馬は母父ヘクタープロテクターで距離の適性がどこになるのか全く見当つかない辺りが魅力というか不安というか。馬そのものは抜群に良いですし、意外とこっちが当たりという可能性もありますけどね。さすがに3頭出資はムリです。天皇賞で100万馬券でも当たれば話は別ですが(-。-)ボソッ
愛馬・一口馬主 | comments (0)

鉾田に行ってきました

 日曜はラフィアンのBRF鉾田(ほこた)ツアーに行ってきました。行きはバスが珍走団に囲まれ、帰りは事故渋滞?高速1000円による自然渋滞?で2時間の予定が4時間かかるという散々な結果になりましたが、鉾田ではじっくりと馬と施設を見て大満足のツアーになりました。

 ちなみに今回が初開催となる鉾田への日帰りバスツアーだったんですが、土曜は土砂降りで予定が狂ったりして相当に大変だったそうで(苦笑) 日曜は晴天で運が良かった……と思いきや、元社長(岡田繁幸氏)がイギリスのセリに出かけてしまったために日曜は元社長の姿は無し。元社長の話をとてもとても楽しみにしていたので、この点は残念でした。結果、土日どちらに参加しても一長一短だったということですね(-。-)ボソッ

 元ゴルフ場を買い取ってから実際に馬が調教できるようになるまでは、地元との折衝やらなにやらで相当な努力があったと聞きますし、2年前にオープンしてからも正直あまり良い話を聞かなかったりと不安もあったわけですが、実際に現地に行ってみると印象が変わりますね。2年前の開場当時は社員でさえ不安になるほどの環境だったようですが、今はコースも厩舎もウォーキングマシンもしっかりと整備されていて、前線基地としての役割をきちんと果たしているようです。

 まぁ、その良くない話の部分もいろいろと改善されていることが分かりましたし、今回参加して良かったなぁと。そろそろ現2歳の出資馬が北海道から鉾田に移動するので、その前に環境をチェックできたのは大きな収穫だったと思います。

 あと、おみやげで大きなサツマイモをもらったのも収穫といえば収穫ですね(笑) Twitterでもちょっと書きましたけど、会員にジャガイモを送ってくるというのがラフィアンの古き良き時代のエピソードとして語り継がれてる(?)ので、サツマイモでそれにちょっとでも近づけた気がして嬉しかったりします(笑) こういうアットホームなところがラフィアンの魅力ですからね。
愛馬・一口馬主 | comments (0)