駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

[展望]ダイヤモンドS

 荒れるハンデ重賞なので2番手以下をちょっとひねってみました。今は誰も書いてないですが、ブログだと展望に直接ツッコミをいれることも出来るんですよね。怖いので来週からはコメントを書き込めないようにします(ウソ笑)

2月11日(日) 東京競馬場・11レース
G3・ダイヤモンドS 芝3400m

 ◎トウカイトリック
 △セレスステーラー
 △コスモプロデュース
 △ターキー
 △ハイフレンドトライ

 本命はトウカイトリック。ステイヤーズSと万葉Sで連続2着しているよ
うに長距離は滅法得意。最近活躍が目立つエルコンドルパサー産駒というこ
ともあり、ここは主軸として注目してみる。2番手以降は絞りにくいのだが
△セレスステーラー、△コスモプロデュース、△ターキー、△ハイフレンド
トライの4頭。セレスステーラーは前走1000万条件を快勝して今回はハンデ
51キロ。馬格があるので広い東京コースも向きそうだし、軽ハンデでの一発
が怖い。コスモプロデュースは父ペンタイア×母父ノーアテンションという
コテコテの長距離血統。東京で3勝をあげているように得意のコースとなれ
ば重賞でも侮れない。ターキーは2000m以上の距離で3連勝中。牝馬だが49
キロのハンデなら思わぬ激走があるかもしれない。△ハイフレンドトライは
叩き2戦目で毎回結果を出している。昨年のこのレースでも4着に健闘して
いるし、流れ1つで上位もありそうな雰囲気。

 万葉Sでトウカイトリックに先着したバイロイトは関東圏への輸送経験が
過去1度だけ(8着)。輸送に強いタイプでは無さそうで、思い切って無印
で勝負してみたい。
重賞1週前展望 | comments (0)

[展望]きさらぎ賞

 バタバタしながらもなんとかブックやターゲットを参考にしながら展望を書き上げてみました。こちらはきさらぎ賞。


2月11日(日) 京都競馬場・11レース
G3・きさらぎ賞 芝1800m

 ◎オーシャンエイプス
 ○ナムラマース
 ▲オーソリティバイオ
 △アサクサキングス
 △アドマイヤヘッド

 本命は1戦1勝馬オーシャンエイプス。古馬を思わせる雄大な馬体で雰囲
気からして他を圧倒している逸材。前走は出遅れながら1.3秒差の大楽勝。
まだまだ伸びる要素充分だし、ここは黙って1着固定で勝負。相手筆頭には
○ナムラマース。不器用なチーフベアハート産駒であることを考えれば京都
コースに替わるのはプラス材料。ラジオNIKKEI杯2歳Sでは勝ったフサイチ
ホウオーと僅か0.2秒差だったし、この馬も能力は相当なモノ。経験豊富な
だけに確実性で言えばこの馬が最上位。未知の逸材に期待するなら▲オーソ
リティバイオ。昨年夏の札幌で新馬戦を勝って長期休養。この休養がプラス
に出れば大物食いの可能性も。以下、ラジオNIKKEI杯5着の△アサクサキン
グスに札幌2歳S2着馬△アドマイヤヘッドの重賞好走組で。
重賞1週前展望 | comments (0)

[展望]小倉大賞典

 前回の記事にあるように、週末の予想遅延を防止するために1週前展望をブログで公開します。今週はいきなり3本……の予定でしたが、初回ですし、川崎記念もあるということで小倉大賞典だけでご勘弁を。


2月3日(土) 小倉競馬場・11レース
G3・小倉大賞典 芝1800m

 ◎シルクネクサス
 ○エイシンドーバー
 ▲マヤノライジン
 △マチカネオーラ
 △ワンモアチャッター
 △マルカシェンク

 伏兵候補が揃って取捨に迷う1戦。そんな中で本命はシルクネクサス。前
走はG2のアメリカJCCに挑戦しての3着とまずまずの内容。走り慣れた
芝1800mの方が競馬はしやすいだろうし、メンバーのレベルが下がるだけに
ここはチャンス充分。グラスワンダー産駒で馬格があるだけに、力の要る冬
の小倉コースも向くハズ。相手筆頭は○エイシンドーバー。元々重賞で好走
していた馬だが、GホイップT1着、京都金杯2着と本格化の兆し。昨年2
着したこのレースを目標にしてきた感もあり、ここは上位確実。ただ、重賞
では勝ち切れない面を見せているだけに馬単で狙うのは危険かもしれない。
一発ありそうなのが▲マヤノライジン。前走の中山金杯は重馬場に屈して8
着と敗れたものの、札幌記念4着、中日新聞杯3着の実績が光る。△マチカ
ネオーラは昨年の中京記念で前述エイシンドーバーを抑えての1着があり、
実績ではひけをとらない。ただし、今回はそれ以来のレースとなり、いきな
り結果を期待するのは酷か。△ワンモアチャッターも前走の中山金杯(16着
)は重馬場が堪えた形。小倉記念2着の実績もあり、巻き返す可能性は充分
ありそう。勝てない△マルカシェンクはベストの1800mで言い訳の出来ない
1戦を迎える。G1での実績も光るだけにここで結果を出したいところ。
重賞1週前展望 | comments (0)