駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

2011年POG本発売スケジュール

 今年もPOGのシーズンがやってきました。2010−2011シーズンはマルセリーナ、リフトザウイングス、ベルシャザール、ミッキーマスカットあたりをピックアップできて、まずますの成績になってるので、来年もこの調子でいきたいなと。あ、レーヴディソールとかオルフェーヴルとかは宗教上の理由により全くノーマークでした(笑)

 この時期に合わせてPOG関連本も大量に発売されるので、うまく参考にして指名したいなと。ということで発売スケジュールを今年も掲載してみます。

 丸ごとPOG2011〜2012
 発売:5月9日(月)
 発行:サンケイスポーツ
 価格:1600円
 ギャロップが毎年発行しているPOG本ですね。産地馬体検査で収録したDVD付き。とりあえず動画が見たい、ギャロップ派orサンスポ派だという方はコレをどうぞ。本屋で置いていることは少なく、駅売店やコンビニで入手することになります。Amazonも出てこないのでリンクはギャロップ公式になってます。

 POG虎の巻(2011〜2012)
 発売:5月9日(月)
 発行:デイリースポーツ
 価格:300円
 去年くらいからデイリースポーツ(馬三郎)が出している媒体。本としてではなく、夕刊フジや夕刊ゲンダイのようなタブロイド紙タイプでコンビニに並びます。去年は馬三郎のヤクザ、じゃなかった弥永さんと山本英俊オーナーとの対談が非常に読み応えありましたね。『シャガールの下(ピカソ)は厳しい』と明言してましたし、なかなか突っ込んだ内容だったので今年も購入予定。

 競馬王のPOG本2011-2012
 発売:5月13日(金)
 発行:白夜書房
 価格:1500円
 毎年スルーしてる競馬王のPOG本。文章中心で読ませる内容です。あとは知らん(笑)

 POGの達人2011-2012
 発売:5月14日(土)
 発行:光文社
 価格:1600円
 須田鷹雄氏監修の通称「赤本」。写真派にも文章派にも嬉しい内容となっています。前シーズンの期待ハズレに終わった馬を取り上げる「イケてなかった馬列伝」のために毎年買っている人も多いのでは。もう8年ぐらいの付き合いになるでしょうか。今年も買います(笑)

 ザッツPOG2011-2012
 発売:5月16日(月)
 発行:東京スポーツ
 価格:290円
 「POG虎の巻」の東スポ版といった形で、こちらもタブロイド判。コンビニ・売店だけではなく、Amazonでも予約できるようです。種牡馬別やクラブ別の産駒リストが充実していた記憶が。

 2011-2012最強のPOG青本
 発売:5月17日(火) → 23日(月)変更
 発行:ベストセラーズ
 価格:1575円
 内容の充実ぶりから、赤本に次ぐ存在として毎年注目を集めていた通称「青本」ですが、どうやら丹下日出夫氏が監修から離れてしまったようで今年はちょっと様子を見たいところ。内容が未知数なだけに店頭でしっかりチェックしたいですね。順当ならこの本を基準にして指名馬を毎年決めていたんですが、今年はちょっと変更せざるを得ないかも。

 丹下日出夫の勝てるPOG
 発売:5月中 → 18日(水)変更
 発行:日本文芸社
 価格:1575円
 ということで青本から離れた丹下氏監修と思われるのがコチラ。まだAmazonではページすら出来ていないですし、どんな内容になるかは全くの謎。


 優駿、サラブレ、UMAJIN、最強の法則でも特集が組まれると思いますので、それぞれ立ち読みでもしながら自分に合ったものをチョイスするのが良いと思います。そういってると片っ端から購入することにもなりそうですが(笑)
中央競馬 | comments (0)

サクセスブロッケンに会ってきました

 震災の影響で西日本だけで行われていた中央競馬ですが、ようやく今週末から東日本でも再開。まだまだ関東では余震が続いていて安心できない状況ではありますが(苦笑) それでも競馬が戻ってくるのはうれしい限り。

 なーんて言いながら、再開を待ち切れずに先週東京競馬場へ突撃しておりました(笑) 後半6レースのみ場外発売という状況でしたが、広い競馬場が開放されて、なおかつ紙馬券が買えるというのに黙っていられるハズがない。昼間っから外でビール飲みつつ、叫んで応援できるのは何よりのストレス発散になりますから。

 結果、馬券は散々でしたが、、、それでも思わぬ収穫が。

サクセスブロッケン

 東京競馬場で誘導馬になることが発表されていたサクセスブロッケンです。ファンが周囲にいる環境に慣れさせるためか、正門入ってすぐのローズガーデンにて放牧されていました。堂々たる風格で、言われなくてもキッチリ立ち姿を決めるあたりがさすがGI馬。ほれぼれします。

サクセスブロッケン2

 このケツがたまらない(笑) まだまだ現役馬のような馬体を維持していて、その姿をずっと見ていたくなる雰囲気があります。放牧されている時間内には決まった行動パターンを繰り返しているようですが、人なつっこくて、外で見守るファンの方を向いてくれたりも。

サクセスブロッケン3

 これは放牧を終えて厩舎に戻るときの1枚。前の2枚とはまた違った表情を見せてくれました。ちなみにここに載せた画像はFlickrに大きなサイズで載せていますので、パソコンの壁紙にしたい方はそちらをどうぞ。

 久しぶりに広いところへ行くかーと、なんとなく決めた府中行きでしたが、思わぬ形でサクセスブロッケン!!!!!!に再会できて大満足。もう末脚を披露することも種牡馬になることも(セン馬になっておりました…)叶いませんが、こういう余生も悪くないのではと感じました。このままいけば誘導馬としてのデビューも遠くない気がします。
中央競馬 | comments (0)

2010年POG本発売スケジュール

 久々の文章なので宣伝中心でいきます(←え?)

 3歳馬の頂点になる日本ダービーが迫ってくると、それと同時に1つ下の2歳世代の動向にも気になってきますよね。ですよね。なりませんか?(笑) POGの指名馬選びという意味合いだけじゃなくて、一口馬主やっていると出資馬の期待度を測る意味でも毎年どうしても気になってしまうのがPOG本なわけで。

 AmazonやらネットやらでPOG本の発売日を調べてみましたので、ちょっとそれをリストにしておこうかなと。自分の備忘録でもあり、Amazonへのリンクでちょっとでも良いことがあればということでもあり(笑) 皆さまもうまく利用していただければと思います。ちなみに自分では黒本とディープ本以外は購入決定、出資馬が載っていれば黒本も追加購入するつもりでいます。毎年買いすぎです(笑)

 丸ごとPOG2010〜2011
 発売:5月10日(月) 発行:サンケイスポーツ
 ギャロップが毎年発行してるPOG本。写真多め、本も大きめでビギナーでも買いやすい1冊かなと。本屋ではなく、駅売店やコンビニで売ってることが多いので注意が必要です。Amazonにも無いハズなのでギャロップ公式にリンクしてます。

 競馬王のPOG本2010-2011
 発売:5月13日(木) 発行:白夜書房
 毎年黒っぽい表紙なので通称は黒本。毎年買ってないので正直中身はあんまりしらないんですが(苦笑) 文章中心で読ませる内容だった気がします。

 UMAJIN6月号
 発売:5月13日(木) 発行:クレイヴ
 月刊誌ですが、この号でPOG副読本が付くということでここに入れてみました。去年はかなり写真載っていた印象がありますが、今年はどうでしょう。

 ディープインパクト147頭の子供たち
 発売:5月14日(金) 発行:マガジン・マガジン
 たぶん今年限りのムック的なものかと。ディープ産駒の写真やら池江師のインタビューやらがあるということでディープファンだけじゃなく、POGにも活用できそう。立ち読みしてから決めます(笑)

 POGの達人2010年-2011年版
 発売:5月15日(土) 発行:光文社
 おそらくPOG本で売り上げトップであろう通称赤本。写真と文章とのバランスがピカイチで、前シーズンの期待ハズレに終わった馬を取り上げるイケてなかった馬列伝が名物コーナー。須田鷹雄氏監修でその他競馬著名人が多く携わってます。

 2010-2011年最強のPOG青本
 発売:5月17日(月) 発行:ベストセラーズ
 このところ急速に知名度をあげて赤本に対抗する存在になりつつある通称青本。丹下日出夫氏監修で、個人的に毎年一番活用してるのがコレ。

 ということで今年は5月10日からの1週間がピークとなります。例年はもうちょっと分散していたイメージがあるんですが、今年はとんでもないことになってますね(苦笑) これ以外でもサラブレや優駿は2歳馬特集を3ヶ月ぐらいにわたって掲載してたりしますし、うまく情報を入手してPOGを勝ち抜きたいところです。まぁ毎年下位で苦しんでますが(苦笑)
中央競馬 | comments (0)

5重勝馬券を考えてみる

 さて、Twitterばかりではなくこちらもたまには更新しなくては。ということで、18日に発表された5重勝馬券の話題でも。ホットな話題を取り上げておけば、またしばらく更新しなくてもアクセス数が落ちないと思うので(笑)

 → JRAが最高2億円の新馬券 11年に導入(サンスポ)

 まずは現状で最も難易度が高い3連単ですが、これは18頭立ての場合は18×17×16=最大4896通り。それが指定された5レースの1着を当てる5重勝となると18の5乗で最高188万9568通り。もちろん出走頭数が少なくなれば減りますが、8頭立てのレースが5回続いたとしても3万2768通りですからね。単純計算でいえば当てる(当たる)可能性はグッと低くなると思われます。

 記事ではコンピューターが自動で買い目を決めてしまうクイックピック方式になる可能性もあると記載されていますが、仮に自分で決められる方式になったとしても、的中を自分の力でたぐり寄せるのは相当に難しいんじゃないかと思います。

 その理由としては「レースを自分で選べない」こと。得意のレース条件だとかデータが揃いに揃っているレースだとか少頭数だとかで購入者がレースを好き勝手に選べるなら可能性は高まりそうですが、指定5レースの単勝的中は想像以上にハードルが高いです。

 というのも、実は以前に似たようなシミュレーションをやったことがありまして(笑) そのときは土日全レース(全72鞍)でどれだけ連続的中が出せるかという条件だったんですが、3連続が精一杯。これを仮に全部複勝3着までという条件にしたとしても、知らない馬が出ているレースだとかカオスになりがちな福島のレースとかが入ってくると途端に難易度が上がってしまうという(苦笑) 1番人気ばかりを狙ってもダメですし、まさに実力だけではなく運も必要な馬券だと思います。

 競馬場では売らずにインターネットサイトでの発売になるとのことで、場合によっては日付をまたいだ5レース、なんてこともできそうですが、どちらにしても自力で当てるのは相当に困難。2億円目指して毎週少しずつ遊び感覚で買うというのが正しい買い方かもしれません。

 ただ、(主に)新規層に向けて馬券を売りたいならば、G1開催の競馬場限定でやっているクイックピック馬券を全部の競馬場&ウインズで発売すればいいと思いますけどね。実際に天皇賞の週に購入してみましたが、競馬にどっぷり浸かってる中毒層(笑)でも楽しめましたし、グループでワイワイ言いながら買うには最適の馬券だと思います。天皇賞の3連単クイックピック100円×3点を何人かの方に配ってみましたが、「自分では絶対買わない買い目だな〜」なんて言いながらも喜んでいただけたようですし。クイックピック否定派の方もいるでしょうが、そういったある意味ムダな買い方をする人がいるおかげで当たったときの配当は高くなるハズなので、双方にメリットがありそうですけどね。

 と、最後は5重勝の話題から離れてしまいましたが(苦笑) 発売は2011年。それまでに馬券の腕を磨いて2億円を狙っちゃいましょうかね←結局買う人
中央競馬 | comments (0)

オークスのパドックから

 さて、オークス。前日が仕事だったこともあって(?) 豪快に寝坊&シトシト雨で昼過ぎの到着になってしまいました。毎度毎度いい席を確保してくれるアップルパイ師匠に感謝です。というかどんなレースでも的確に席を取っている師匠の能力がすごいんですが(-。-)ボソッ やみくもに朝早いわけじゃないくて、ヴィクトリアマイルの時はかなり遅い時間に到着した(らしい)中でもきっちり座席をゲット。「師匠のスタンド満席時間予報」とか有料サービスが展開できそうです(ウソ笑)

 9レースぐらいまではシトシト降っていたので、予想に反してブエナビスタ無印の方向で考えていたんですが、そこから急に空が明るくなって雨も止んでしまいました。そのタイミングで師匠とYASSさんを席において1人パドックへ。相変わらずマイペースですいません(苦笑)

 パドックでは撮影がメインながらも、まだオークスの結論を出していなかったので、予想もしつつという感じで。幸いにして桜花賞のパドックも生で見ることができましたし、そことの比較に重点を置いてみました。

レッドディザイア 最初に感じたのはレッドディザイアの落ち着きでしょうか。桜花賞ではイレ込んで汗が白い泡状になってましたが、今回は堂々たるもの。まともなら今回も好勝負だろうと踏んでいたので、この馬はハズせないなぁと独り言。

ジェルミナル この馬も中間かなり良くなっていたようで、馬体の充実ぶりが目を引きました。思い切った騎乗なら逆転もあるだろうと、ジェルミナル→ブエナビスタの馬単も購入。

デリキットピース デリキットピースは前走で大幅に馬体重を減らしながらも快勝したので、まずは+10キロに好印象。こちらも先生の好騎乗次第では逆転できそうだと思ってデリキットピース→ブエナビスタも購入。

ブエナビスタパドック で、ブエナビスタ。この馬は正直言って迫力を感じないんですよね。レースまでは華奢なイメージのままで問題ないんだろうということで、特に欠点を感じなかったですし、雨も止んでしまったので最終的にも本命で。

 陣営が強気すぎるだろうということと、雨降ったら届かないだろうという不安も関係なし。最後の最後で逆転して結果を出す辺りは憎たらしいというか何というか(笑) オッズ見てない&3連単買わずに馬単だけということで◎→○→▲決着ながらトリガミという素晴らしい結果に終わりましたが(苦笑) いいレースが見られて満足です。秋華賞で3冠狙うなら京都行きますが……フランスとなるとねぇ。師匠にもフランス行きを勧めておきましたが、飛行機はダメなようです(笑)

ブエナビスタ近影
中央競馬 | comments (2)