駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

出資馬初勝利をあげました

 2011年12月10日の小倉3Rで、グラーネが1着となりました。

 個人的にはこれが出資馬での初勝利。重い重い肩の荷が下りたような気がして、ほっと一息。実感はあるような無いような、なんだか不思議な心境ですね。

 2001年度の1歳募集馬だったマイネルセントウルに出資したのは、記憶が確かならば、明け2歳になった2002年初春。デビューは遅れに遅れて、出資からさらに1年後の2003年1月6日。金杯の翌日で、しかも月曜日。昼休み直後ということもあって閑散とした中山競馬場で、パドックから本馬場入場、レースとひたすら1頭だけを見つめて追いかけたのを思い出します。

 当時は、そして最近まではずっとラフィアン(=マイネル)1本。それでも、当時から他クラブの動向も注視していて、カタログを取り寄せたり、各種掲示板で情報を集めたり。新たに社台グループと提携を開始したキャロットクラブもその対象でした。リニューアル2年目のカタログ冒頭に載っていた母トリッキーコード(後のハットトリック)は抜群に良く見えましたが、自分が出資するならと思いを馳せたのは母ホワイトトルネード。1996年のJCを制したシングスピールの産駒で、彼女の品のある顔つきが今でも深く印象に残っています。

 それから時は流れ。大レースで社台グループの馬ばかりが勝つ状況に、指をくわえて見ているだけでは我慢が効かなくなって、ついにキャロットへ入会。2歳の早い時期、具体的には夏の新潟からバリバリ走ってくれそうな馬ということで父フジキセキ×母カツラドライバー(エフティマイア全弟)をチョイス。あと、もう1頭にと選んだのは、ずっと恋い焦がれた血統。

 グラーネは父ネオユニヴァースに母ヴォークリンデという血統。そのヴォークリンデこそが、あの時焦がれたホワイトトルネードの娘。

ヴォークリンデ

 今日の小倉競馬場で、10年近い片想いがようやく。ようやく叶いました。
愛馬・一口馬主 | comments (2)
神戸のオヤジ | 2011/12/18 09:06 AM
おはようございます。久しぶりに覗かせて頂きました。
ご愛馬が初勝利なんですね。おめでとうございます。ツアーの時に走ったご愛馬ではない馬みたいですね。とりあえずホッとされたことと思います。
この時期の勝ち上がりは、来春に向けて楽しめますよね。無事に次走を迎えて欲しいですね。
来年のツアーは日程的に難しいので、個人的に牧場に行くつもりにしています。また機会が合ってお会い出来ればうれしく思います。
N@S | 2012/03/31 12:19 PM
返信ができておらずすみませんでした。。。
おかげさまで、ようやく初勝利をあげることができました。
ツアーの日に走っていたエースドライバーは結果未勝利でセン馬になってしまったのですが(苦笑)

今年はウインとの合同ツアーになるようですね。
ツアーだけではなく、どこかでお会いできれば嬉しいです。
また競馬場や牧場でご一緒しましょう^^

コメント投稿欄