駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

出資馬の近況-2011年04月-

 さて、突然気が向いたので出資馬の近況を書き綴ってみます。気分が乗ったら毎月やります(笑)

マイネルデフィ(牡3・未勝利)
 昨年6月にデビューしてダートで7着、その後芝で5着5着と一桁着順を続けていたのに、その後は16着12着9着と低迷気味。なんとなく引退かなぁ、転厩で済めばいいなぁと眺めていたら、やっぱり転厩になりました(苦笑) 栗東から美浦の水野貴広厩舎へと変更となり、既に入厩済み。重賞馬のマイネイサベル、ゴールドヘイロー産駒で1勝してるマイネルネオハートがいるので、マイネルとの相性は良さそうな感じの厩舎。さっそく厩舎のブログにも掲載されてましたし、とにかくメドの立つ競馬を期待します。

マイネクォーツ(牝3・未勝利)
 前向きな性格に見えたので、思わずBRF鉾田ツアーで見惚れて出資したタニノギムレット産駒。歩様が悪かったり骨折が見つかったりとなかなか厩舎までたどり着けませんでしたが、ようやく2月に入厩。ようやくデビュー、、、と思った矢先に震災があり、1週延期して阪神でのデビュー戦はダートで5着。芝なら更にと期待しましたが、結果は8着。いまは一旦BRF鉾田に戻り、連休明けくらいに戻ってくる予定。未勝利戦のレベルも下がってきてますし、ダート戻りで一発あればと思ってます。

マイネルレジェール(牡2・新馬)
 未だに母インフォーマルの印象ばかりで、馬名を覚え切れていない(苦笑)ブライアンズタイム産駒。近況を読んでると兄マイネルフランクへのネガティヴコメントに思わず身がすくみます(さらに苦笑) 兄同様にこちらも後肢の蹴りが足りないとのコメントですが、芝でなんとかならないだろうかと後ろ向きな期待をかけてる1頭。コスモヴューファームで調整中です。

エースドライバー(牡2・新馬)
 フジキセキ×カツラドライバーというエフティマイアの全弟。この世代から出資をはじめたキャロット2頭のうちでは、先にデビューしそうなのがコチラ。姉のイメージからも夏の新潟に全力投球して欲しいくらいです(笑) ノーザンファーム空港牧場で育成され、産地馬体検査も受検済み。坂路で乗り込まれてるようです。馬体に幅が出てきて、急激に良くなってきた印象。

グラーネ(牡2・新馬)
 ネオユニヴァース×ヴォークリンデという血統で、母はキャロットのリニューアル初年度に募集されていた馬です。この馬に出資したくてたまらなかったのですが、泣く泣く入会&出資を断念したという経緯があり、息子にはどうしても出資したかったわけで。エースドライバー同様にノーザンファーム空港牧場の坂路で乗り込まれていましたが、現在はスクミが出てペースダウン中。秋目標でしょうかね。

 一口への出資は2000年産駒からはじめましたが、未だ勝利なし。募集馬のうち半分は勝ちあがるハズのラフィアンでは異状とも思える事態ですが、現2歳馬からはキャロットにも手を広げて、手が届かなかった1勝をもぎ取りにいきたいと思います。抽選落ちしたマイネルプリマスやマイネルクラリティのような活躍をしてくれれば、まさに御の字なのですが……。
愛馬・一口馬主 | comments (0)

コメント投稿欄